プレーン










甘酒飲みたい。

もう何年も作ってないからと渋る祖母に、買って来た酒粕を無理やりあてがって正月に飲んだばかりなのですが

甘酒が飲みたい。

あの赤い缶のやつはなんか嫌だ、手作りのが飲みたい。

甘酒の安堵感たるや、豊満な女体じゃなくてホットココアすら凌ぐと思うのです。



ちょっと調べたところ、甘酒には非常に豊富な栄養素を含むことから「飲む点滴」と称されてるそうなのですが、

飲みにくい。

非常に飲みにくいわ。

飲む点滴って。

まじか、なまら飲みて~って絶対なんないわ。

もうちょっと飲みやすく称してやったらよかったんじゃないでしょうかね。



え、例えば?

いや俺そういうのはあんまやってないんですよね~













































このコート。

ものすごくいい感じなのに、そういえば紹介せずにいました。

今秋冬のメインカラーのひとつであった、気品高いキャメル。

今季が特にばっちりでしたが、色は永遠です。

その気になりゃ来季もその次だって着れるし、

しばらく仕舞っておいた10年後、渋さが増した頃合いにまた気分になるかもしれないし。



みたいな、そんな感じです。































































































裏地のパターンまで抜かりなしな、イギリス製のカスタムメイドです。

とにかくウールの質感とベージュの感じ。

合わせた際に隠れる造りのひとつボタンに、腰のベルトも気が利いてる。

最近流行りのジェンダーレス、男性側からのジェンダーレスとはこの雰囲気なのかなと思っています。



made in England

\19,950-  SOLD































































































こんな男気を内側に忍ばせていたみたい。

かっこいい~

デトロイト産、BUCO J-24。

知ってる人は当たり前に知ってる名品だし、ご存知ない方に力説してもなびかないとこだと思うし、今日伝えたいのはこの革ジャンの輝かしい歴史じゃないし、パソコン打つ指が冷たいし(灯油節約の為、事務所ストーブの設定温度13度)、今日のところは説明は割愛しますが

ベルト欠品、フロントのジッパーヘッドが飛んじゃってる(一応ポケットに入れてます)にしても

サイズ36でこの値段はお安くしたつもりです。



'50s Buco J-24

\52,290-













































後染め、真っ黒。



Levis 501

29×30

\8,190-















ってことで

洒落っていうくらいだから、ファッションにもユーモアがなきゃってこと。















商品についてのお問い合わせ、ご質問などはBlog上部にあるEmailのアイコンからお気軽にどうぞ。
通信販売なども対応させて頂いております。お気軽にお問い合わせ下さいませ。
















1 Comments:

 

STORE INFO

Twitter